ヘッダー
 

第25期会長 山本啓介

標語
【 Love & Give 】

皆が主役!誇りを持って溢れる愛で奉仕をしよう!
会長方針

 ワイズメンのモットー「強い義務感を持とう 義務はすべての権利に伴う」というフレーズがあります。義務という言葉は倫理学では、人が道徳上、普遍的・必然的になすべきこと、とされています。これが しなければいけない=させられる という図式になってしまいがちですが、「なすべきこと」と「させられること」とはまったく意味が違います。なすべきことには自発的な意味合いがあります。それは心の奥底からあふれ出る愛であると私は考えています。愛が溢れることによって自発的な意思が働き「なすべきこと」を心より行うことが出来るのです。愛が溢れるためには、自らが愛で満たされなければいけません。マザーテレサの有名な言葉に「愛の反対は無関心である」とあります。自分自身に目を向け、関心を持ち、自分を信じ自分の行動に誇りを持つことにより愛が増長され満たされていくものです。自分を愛せない人が他人を愛することなんて出来ません。自分を愛し、誇りを持ちましょう!

そして、私たちは微力ではあるが、無力ではありません。クラブは団体戦です!!一人一人が愛と誇りを持ち、「なすべきこと」をすることによって、皆を支え、自分も支えられ、大きな力となります。今期25周年という節目を迎え、皆が主役になり愛と誇りを持つことで、YMCAという公共性が高く、国際的な場でつながる人たちの楽しい奉仕クラブとなることを確信しております!

さぁ!全員参加で誇りを持って溢れる愛で奉仕をしましょう!!

Copyright (C) 京都グローバルワイズメンズクラブ